TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

ティモールの伝統的な装いは、男性は一枚布の腰布、女性は一枚布を筒状に縫い合わせた腰衣です。
そして男女ともに方に肩掛けをなびかせます。
54060737-2B10-4C5F-92CB-B63B1CCAA80E.jpg

「布伝説」
ギャラリー うつわノート 川越
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)
全日在廊

古代の日本の女性たちは領布(比礼)と呼ばれる布を肩に掛けて靡かせていました。そして天女も。
ほかにも誰かいたような、、、
さあ、明日は準備です。
「布伝説」まであと3日、展示会前に「布伝説」ネタがなくなっては大変です。
皆さま、ネタを色々と考えておいてくださいね。
どうぞ宜しくお願いします。

「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

人と神、人と心、人と人をつないでくれる紐。紐なしで「布伝説」ははじまりません。

9357CFAC-959E-4A3D-B3F5-267DFEA0DDB0.jpg

「布伝説」
ギャラリー うつわノート 川越
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)

今回の展示会は予約不要です。但し、コロナ感染予防のために同時入店者が多い場合(8名以上)は少しお待ちいただく場合があります。

今週の土曜日、18日からです。こちらは待ってはくれません。まだまだ紐を巻き巻き巻いています。
皆さま、布さま、紐さま、どうぞ宜しくお願いします。

「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

人々が海の向こうから運ばれてくる美しい布に魅了されるのは今も昔も同じです。
F9B880A6-0690-4586-954E-605C9549370B.jpgB4BAE370-D9A2-46A0-99EA-C97D0AFF8386.jpg

「布伝説」
うつわノート 
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで
全日在廊

布は対価交換の品物として重要な役割を持っていました。それは大航海時代に交易品として運ばれた布からも知ることができます。古代中国には”布銭”と呼ばれる銭貨があります。これは布での支払いがのちに銭貨になってからも”布”の字が用いられたためで”布銭”は残念ながら布ではありません。
インドネシア、スラウェシ島の限られた地域と隣接する島では、ちっちゃな格子や縞で織られた布が通貨として流通していたという記録もあります。”布”と”布の字”が使われた言葉と物に激しく反応します。皆さまもぜひご一緒に、、、。
あと7日、準備まで5日、気絶寸前で絶賛準備中。”布”でパンパンにして”うつわノート”でお待ちしています。どうぞ宜しくお願いします。


「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

布は”糸”からはじまります。糸を紡ぎ経緯に組織して織ります。日々の生活でも思いは紡がれ、過去から未来に向けて毎日の暮らしを少しづつ織りなしています。紡いで織るのは布だけではないようです。

C3492E90-71E5-41BA-B086-C032076FB9D7.jpg

「布伝説」
うつわノート
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)

結ぶ、繋ぐ、編む、組、、、糸、紐、綱などの細いものに働きかける言葉ですが、人と人のあいだにも働きます。糸の魔力です。展示会まであと9日、糸のおまじないを修行中、さて効果はいかに。
みなさま、どうぞ宜しくお願いします。




「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

手元に布をひろげて「ぬ~の~」とゆっくり喉を響かせ声にしてみます。柔らかく緩んだ音がつぼめた唇から糸のように空気中に伸びていきます。

FB470E23-C122-48BB-9B0E-08FD3EF5C45A.jpg

「布伝説」
ギャラリー うつわノート 川越
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)
全日在住

「布」はもともと麻や木綿を表し、高価な絹は”帛”と呼ばれていました。民族や国の言語によって布の呼び名は色々ですが、日本語で「布」が「帛」ではな「布」でよかったと思うのはわたしだけでしょうか?ピッタリです。
民族の布の呼称を調べると、人々と布の関係がより深く知れるかもしれません。わたしの鈍い頭ではいつまでたっても妄想の域を脱出できませんが、、、、ヘルプ・ミーーーー。皆さんの助けを、布は必要としています。「布伝説」まであと11日です。


「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

表と裏のある布は、その裏の表情に表とは違う布が作られ使われてきた道のりを読み取ることができます。布だけではなくすべてのモノコトには二面性があり裏を知ることで表をより深く理解できます。
「布伝説」にも裏話があるかもしれません。

09D00451-37E2-4A22-8538-89D5D3D30401.jpg29922D7B-C02B-4400-A8E3-5F40F53EECAA.jpg

「布伝説」
うつわノート 川越
2021年12月18日(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)

文化や時代、地域によって”美”の基準は大きく変化します。そして個人の経験や想いによっても。うつわノートで思いっきり布をひろげひっくり返しながら、自由な観点で想像の階段をかけのぼっていただけるのを楽しみにしています。あと12日、ワクワクでお出かけ下さい。ドキドキでお待ちしています。
布に潜れば潜るほど、不思議なことはますます多くなってきます。

「布伝説」ギャラリー うつわノート 川越

布つくりが女性の手で行われてきた理由として、家でできる糸紡ぎや機織りの仕事には特に目立った危険な道具はなく、何かあれば途中でも手を止めることも、そして再び続けることも比較的簡単です。子供たちはその周りで遊び、母は仕事をしながら子供たちを見守ります。
PA052445.jpg

「布伝説」
うつわノート 川越
2021年12月18日8(土)~26日(日)
11時~18時 (最終日は17時まで)

【ラオス 北東部 緯紋織 掛布】
ラオスの民話には、織りをする若い娘の機に鳥が飛んできて止まり、最後に鳥は若いハンサムな青年になり娘と結婚するというお話があります。

緯糸を打ち込む美しい音に合わせ鳥は気持ちよく歌い、織りの上手な娘と歌のうまい若者の愛は芽生えたのかもしれません。これはわたしの想像です。