TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

西ティモール アマナトゥン ヌンコロの布

なんて過激な布。

飛びぬけた色の配色、目を奪う文様、巧みな技法、何が織手をここまで執拗に布を織ることを煽るのでしょう。

地織の経糸にピンクと水色に黒を掛け、縫取織部分の地織りの緯糸には黒を通し、

黒やピンクと水色の上にカラフルな糸で伝統的なヌンコロの文様がが描かれています。

そして途中から技法は変わって、綴織に金糸を絡ませながら尻尾を巻き、五本指の爬虫類の姿があります。

117㎝×28㎝の布は多分肩掛けとして織られたと思われます。





見れば見るほど小さな狂気を感じます。

アウトサイダーテキスタイル

だからティモールなのです。