TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

アンデスのウンク



ウンクは四角い小さな布。

アンデス特有の織り方は、4辺すべてが織端として納まっている。

ウンクはコカの葉や大切なモノを包んだり、母なる大地 パチャママにコカの葉を捧げるときに使われる重要な布。







わたしもウンクとコカの葉を持ち歩いていた。

村や市場で人に出会ったとき、この布を広げて緑のビニール袋からコカの葉を取り出してのせると、

驚きの顔がゆっくりとほころんでゆく。一瞬で同じ世界を見ることの出来る魔法のよう。



彼/彼女たちは必ずコカの葉を受け取り、噛むまえに、コカの葉をのせたウンクを目の高さぐらいまで両手で持ち上げ、

フーウッと数回息を吹きかける。母なる大地 パチャママに祈りをこめて。

そして広げたウンクの上にコカの葉をひらひらと落とす。

コカの葉は表の濃い色だったり裏の薄い色だったり、小さい葉大きい葉が重なり合て落ちている。

わたしの顔を見て意味ありげに頷く。コカ占い。

占いはどうでたのか。