TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

遊びと仕事

村の中央にある、丁寧に平石を積み上げた茅葺屋根の下で忙しく手を動かして籠を編む女たち。その周りでじゃれるように纏わりつく子供たち。

誰が母親で叔母で従妹で姉妹なのか、女であるならばすべての村の子供たちの母になる。

太陽が傾き辺りが薄暗くなってきたころ、甘え顔で遊んでいたセミやほかの子供たちが先を争うように家畜の柵へと駆けてゆく。

何事かと見ていると、地面に無造作に投げ出してあった木の棒を拾い、くり貫いた家畜の餌入れを激しく叩き始める。小さなからだは、その腕が折れてしまうのではないかと思えるほどに力を込めて棒を振り下ろす。

木を叩く不規則な音は静かな村の夕暮れの時間を振動させ響き渡る。風・水・土・木・・・に一日の喜びを伝え、山を谷を越えて暮らす人々とその感謝を分かちあうかのよう。

籠を編むリウに「なんの遊び?」と尋ねると、「朝、放牧に出した豚を柵に帰ってくるように呼び戻しているの」

家畜の柵へ駆け寄り、木の株に足を掛けて柵の中を覗くと、開いた扉から豚たちが次々と入ってくる。

「毎日?」「毎日」「いつまで?」「豚がみんな戻ってくるまで」。前の子が疲れて棒を投げ出せば、それは交代の合図。子供たちは順番を待ちきれないようで、大喜びで豚に家に帰ってくるように知らせている。

“豚呼び遊び”

遊びと仕事の境界線はどこにあるのだろう。子供たちは村での生活のための重大な役割を果たしている。そしてその行為は悦びに溢れている。

伝統的な村の生活では建物の配置や仕事の内容から男女の領域が守られている。

子供たちも村の一員として、自分たちの村での居場所をしっかりと確保している。