TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

髪を結う櫛 西ティモール

西ティモール アマヌバンの山村に髪を結う年老いた男たちがいる。彼らはアトニ人の身体的特徴の一つである縮れた髪を頭上でまとめ、布を巻いて櫛を挿している。この髪型はティモールに伝わる古い原始宗教「ハライカ」をいまも信仰していることを表し、すでに小さな村にも教会が建てられ、プロテスタントに改宗している村人からは少々恐れられている。なぜなら彼らは呪術が使えると思われているからだ。原始宗教に基づく髪に関する儀礼のひとつに幼児の断髪式がある。魂の安定しないうちは髪から魔物が入り込むと信じられている。村の労力になる年齢になると、女の子であればひとりで織りができるようになる10歳前後から髪を伸ばしはじめ、女としてその後は2度と髪を切ることはない。また男たちも同じように髪を伸ばし、結婚すると既婚者の証明として髪を結う。

神話や民話でも、妖怪や幽霊はボサボサの長い髪で出現する。髪は自分の体の一部でありながら制御不可能で意識して整えなくては好き勝手に伸びてゆく。人としての自制が機能しているかどうか、原始宗教「ハライカ」においての髪の扱いは人間として生きている証拠だとも言えよう。

西ティモールでは様々な形状の櫛がある。東ティモールの国境付近に住むテトゥン人の櫛は、長い歯がまっすぐに伸びる平たい掌のような縦長の竪櫛で、上部に文様が刻まれている。またアマヌバン、アマナトゥンの山間部に暮らすアトニ人は水牛の角の曲線を上手く利用して歯を削りだし、角先端の空洞ではない部分を面とした美しい形は素材の角の特徴をよく引き出している。竪櫛の他に横櫛もありアトニ人のダワン語ではそれぞれ呼び分けられている。



日本の櫛の歴史は縄文時代に始まり、古墳時代までは男女ともに竪櫛を挿していたようだ。奈良以降には大陸から横櫛が伝わり、その影響で横櫛が主流になっていった。ティモールの竪櫛と横櫛の違いにも外来の影響があるかも知れない。

わたしの長い髪も、ティモールの竪櫛でいつも頭の後ろでまとめている。この大切な櫛を実は1度ティモールで失くしたことがある。山からの帰り道で気づいた時には髪は解けていた。ものをなくすのはとても悲しい。使い慣れた櫛はくるくると丸めて挿すだけで簡単に髪を納めてくれた。

「古事記」の中に、黄泉の国から逃げ出すイザナギが、自身の髪に挿した櫛を抜いて投げることでイザナミの追ってから逃げ延びるくだりがある。わたしの失くした櫛も背後から忍び寄る何かの危険を防いでくれたのかもしれない。櫛のお陰で無事帰路に付けたのだと。持ち物や身に付けたものが守ってくれている感覚は旅をしているとよく感じる。



髪に力が宿るように、その髪を納める櫛にも神秘の力は宿る。