TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

オエノポ市場

「行くわよ」と小さなノックとともに扉の向こうから声がかかり目を覚ます。

裸電球はトタン屋根を支える梁に絡めたコードから直接下がり、天井のない各部屋をほのかな明かりが照らしている。

ぼんやりと上を見ていると、頭上を黒猫が、出かけるところなのか帰ってきたところなのかゆっくりと渡ってゆく。

枕元の携帯時計に目を凝らすとちょうど3時30分、今日はエリザベットと一緒にオエノポの市場へ行く約束をしていた。

昨日も遅くまで新年の挨拶に立ち寄る客人をもてなし、それでもわたしは早めに失礼して眠りに付いたのだが、

エリザベットは一体何時に寝たのだろう。12時はとうに過ぎていただろう。

出かける準備をすでに整えていた彼女は、コーヒーを入れながら、

「今日は年明けはじめての市場だから人が多いわよ」     2011年1月4日(火)



ティモール島の各地域では、日曜日以外は必ずどこかで市が立つ。

エリザベットの住むマウベシ周辺だけでも、

火曜日のオエノポ、水曜日のオエロロ、木曜日のマウベシ、金曜日のウワバウ、土曜日のマヌフイと続き、彼女はトマトや青菜や干物を市場で商っている。

夜明け前の肌寒い通りで迎えの車を待つ。

少し遅れてやって来てた車は女たちと荷物とでですでに一杯だったが、

エリザベットの威勢のいい一声で運転手横の座席を獲得し二人で乗り込む。



オエノポは、ティモール中部に位置し、ビボキ、インサナ、マヌレアの3つの地区が交わる地点にあるので、

それぞれの土地を特長とする布を纏った人々の姿を見ることが出来る。

市場は経済活動の場所として物が移動し、物を介在としてタテもヨコもナナメも関係ない人と人との自由な接触が生まれ、

売りたい人と買いたい人の物の見定めが行われ、価格が交渉される。

もちろん畑のものや日用品などの生活雑貨にはある程度の相場はあるが、よそ者や珍しい物となると話は別。

少しでも高く売る努力も惜しまず、夢のような賭けにもでることもある。

畑仕事や家の仕事を忘れて話し込み、色々なところから来た人々と場所を共有し、島の向こうから運ばれてくる新しい製品に驚き、

それは祭りのような活気に溢れて、人々の笑い声や時に喧嘩も珍しくはない。

市場は、静かに日常を暮らす村人にとってのちょっぴり非日常的な場所と変身する。



昨日の雨で地面は泥濘、あちこちに大きな水溜りがある。

エリザベットの荷物を所定の場所まで運ぶのを手伝い、商売道具の青いビニールシートを広げ、小さな山を作って品物を並べてゆく。

なじみの弁当屋さんがら、茶紙で包んだ弁当を二つ買いしっかり腹ごしらえをして、商売開始。

わたしは知り合いの顔を探して、そして新しい発見を求めて市をウロウロする。



5時、6時、7時と市場はどんどん膨張してゆく。

買い物をする人、ただ来ている人、駆け回る子供たち、草むらに座りヤシ酒を飲む男たち、手入れされた闘鶏の鶏を抱えた男、

美しい布を纏う男・・・・、そして石灰岩の丘“ナイック メタ”はすべてを見守っているよう。





「11時には帰るからね、雨が降る前に」

早朝の澄み切った青空は、昼近くなるとになると一気に厚い雲に覆われ激しい雨が降り出す。

それはまるで、祭りの幕が下りるかように。