TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

Web Exhibition 2 のお知らせ

第2回目のweb exhibition です。
今回は「手のなかで遊べる小さな布」

はじめは中国貴州省のミャオ族トン族の刺繍5枚を並べようとあれこれ動かして置いてみたのですが、
形や色のバランスがなかなかピタッと収まらずうーうーうなってました。

インドネシア ランプンの裂をひょいと一枚加えてみると、
並べてた小さな空間は落ち着いたようです。ひとりよがりの思い込みなのですけど。

IMG_6169a.jpg
壁に飾っても、敷いても、籠や鞄に忍ばせても、
何か作ってみても、ただ触れているだけでも嬉しくなります。
小さくても強く優しく、寄り添ってくれ美しい布です。


ARIX4309.jpg
これらの布は本来はすべて身に着けるために織られ刺されています。
日頃の装いに装飾として、ちょっとアクセントに加えてみるのも素敵です。
今回紐の紹介はありませんが、いずれ紐のWeb Exhibition もしてみたいです。


ご興味ありましたら、このブログのリンク
www.nunonw.com から覗いてみてくださいね。
お問い合わせは→timortext@gmail.com にお願いします。