TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

あるがままの風景

見晴らしの良い丘の上で機に掛けた経糸に模様のための緯糸を一本づつ、一段づつ巻き付け布を織っています。仕事の内容と気配から彼女自身、または娘のための布を織っているのが伝わってきます。
「布はありますか?」と声をかけるとアトニ語で娘に話しかけ、娘は茅葺屋根が地面まで達した丸い家のなかから黒いレーヨン素材の擦り切れてぼろぼろになった布を持ち出してきて、木に掛けます。谷間から吹き上げた風が娘のスカートと風を揺らします。

どうしてここでこうして布を織っているのか、彼女の気持ちは彼女だけのものです。

nunkolo2006・7RIMG6672.jpg