TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

nunoteshio展 vol.4 oteshioを終えて

nunoteshio展 vol.4 終了いたしました。

oteshioさんでは楽しい時間を過ごさせていただき本当にありがとうございます。

一人ひとりの方が、布を纏って来て下さる姿にいつも惚れ惚れします。



共同体のなかでは共通の言葉として用いられる民族の布は、

その本来の場所を離れ(それは遠ければ遠いほど)、

そこに受け取る側の知と遊びのセンスが秘めやかにそそぎ込まれることで、個の表現になってゆくようです。

民族文化は移動することで、新しい働きを作用させるのですね。





お客様の、椅子に置かれた布に「見せていただいてもいいですか」と声をかけ手を触れさせていただく。

どの布も誇らしげで毅然とし、それでいてとてつもない優しさと暖かさが溢れている。

布本来の良さなのか、それとも育て方が良いのか、きっと自然にご本人に似てくるのかもしれません。

大切にされているのが伝わってきます。



布に語り布を語り、布を抱いて布に抱かれた、

oteshioさんそしてご来店いただいたすべの方々に感謝とお礼をいたします。

ありがとうございました。



明日から布旅です。しっかり歩き、見て、運んできます。

民族文化移動師?



ご希望の布がありましたらこの呪文を唱えたあとにイメージしてください。。

“トントラトラトラ・トントラトラトラ・スッスッ・フォ~・メェ~”です。

遠隔操作可能になりますよ。