TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

聖なる柱

西ティモールの乾いた言葉で“ニ レウ”と呼ばれる「聖なる柱」。“ニ”は柱、“レウ”は聖なる、神聖、または薬を意味します。儀式儀礼時に供物を捧げ祖先や自然界とのコンタクトのための場所です。人間に視聴領域があるように、見えているものに限界があると考えるのは無理なことではありません。見えているはずなのに見えていないトホホなこともよくあるのですから。
コンタクト、それは祈りであり、感覚の拡張。そのために彼らが想像した“かたち”です。
1998-1999年
C18C87DB-F758-471B-BD5A-010F2D025CC9.jpeg