TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

変化しない布

インドネシア、サブ-ライジュア島の儀礼布。これらの布はアムイアナプと呼ばれる「女性祖先の家」に共同体の財産として貯蓄されます。
衣装としての腰布や腰衣は時代とともに市販の紡績糸、化学染料、そして新しい要素をプラスした模様が取り入れられ進化し続けていますが、祖先の家に収められる布は手紡木綿、天然染料、伝統模様とあくまでも古いしきたりに従った方法で布が織られます。
こちらの世界はますます目まぐるしく日々変化をしていますが、あちらの祖先の世界では時代に合わせた変化は必要ないようです。


08E06C0B-38A2-4431-BD74-9DEF10E060F2.jpegD896B0BE-67C2-43A9-A435-6C55EC29F50A.jpeg