TEXTILE DIVER 布を探しに

布につながるすべての感覚をひろげて 

2019年7月6日の一枚

西ティモール、ビボキ山間部で出会った一枚の織物。彼女の叔母にあたる人が嫁入り時に織ったとされる男性用帯。地織りの白も縫取織りの赤黒黄の模様もすべて手紡ぎ木綿で、海の向こうから渡ってきたガラスビーズが房の先っぽで揺れています。この日はこの布一枚。一枚の布のために歩んだ道のりをいつも大切にしていたいのです。
D4AC65BB-F03A-41D0-8DA9-D022ABD89659.jpegDB8C32D1-EEC6-43C5-A60D-A972EFBF601A.jpeg0231BF45-7335-45C5-805A-9124A7B61555.jpeg 

必要なのはどこままでも歩ける丈夫な足と、どこでも眠れる分厚い瞼、そして布のようなしなやかな対応。ラジオからは“BREAK MY SOUL” 自動的にかたちだけの腹筋体勢に入ります。

祭りの季節

8年前、2014年8月11日。
雨季(11月から4月頃)の間の畑仕事を終え、乾季(5月から10月頃)は結婚式などのお祭りの季節です。椰子酒を引っかけてご機嫌なお祭り帰りの村人たち。カメラを向けると踊り上手な男は大サービスで踊ってくれます。両手を羽のように大きく広げ風をまとい、腰を低く落として足の裏で大地を踏みつける、そんな姿は自然への問いかけのようです。彼らは違うものを見て暮らしているといつもこの場を訪れる度に感じます。ここから生まれる“かたち”があります。まずは踊りを真似て体にかたちを染み込ませます。出発の準備として。
ティモールは祭りの季節、みんなに踊り披露しなきちゃ。
AFDF84AA-313C-4861-A071-8E3D36A54257.jpeg

2012年7月の西ティモール

以前西ティモールで道を尋ねた時「スマートフォン持っていないの?GPSで調べたらすぐわかるよ」と言われた事があります。次にティモールに出掛けた時には「まだ布を探して歩いているの」と言われそう。はたから見たら布を背負って歩く姿はカッコ悪く無駄な苦労で不憫に思われ、笑われ笑ってしまうほど間抜けなこともよくあります。スマートには程遠いけど、いつも心の内には喜びがあります。

B1C6FB2A-F125-4233-BA2B-EB34742E9A14.jpeg4D64FC28-59DF-4C79-8CED-4358EAE051D3.jpeg

「布のうらと袋のうち」終了しました。

展示会ではいつも多くのことを学ばせて頂いています。今回の「うらとうち」も日頃からの布の表裏の違いや好み、裏内の面白さや技法の事など、、、布を前にいつも盛り上がる会話から着想を得たタイトルです。
布のうらと袋のうちに引っ張られ“うらばな”にも花が咲きました。
9FBA700D-0BD3-4A1B-A242-97E0F787276F.jpeg
A4EC6FDF-DE6E-4CB1-98F8-7BA33800362C.jpeg
展示会は布と私にとっての表舞台です。布を探して歩く現地での経験は裏舞台。現地に入れば今度はそこが表舞台になり、布の表裏、袋の内外のように両方がひとつになり含み膨らみ支えられています。
B839E3AC-9F41-476C-935C-91B840B90E05.jpegB535E4A9-9864-408F-91B8-604F86205AF7.jpeg
洒落た写真を撮ってくれたべにや民芸店の奥村さん、12年振りの展示会お世話になりました。変わったこと、変わらないこと、変わってはいけないこと、変わらなくてはならないことも再確認できました。
新しい出会いと発見を運んでくださり、楽しい会にしていただき心から感謝します。皆さま、ありがとございます。どんな布道を辿って行くのか、引き続き見守っていただけると幸せです。また“うらばな”しましょうね。

「布のうらと袋のうち」べにや民芸店

中国貴州省プイ族のアップリケのうら。衣装など古くなった布を再利用し、表面は糸と針で模様が組まれ生まれ変わります。そしてうら面からは表とは違う布の辿った時間を読み取ることができます。

「布のうらと袋のうち」
べにや民芸店
2022年7月16日(土)ー24日(日)
C14CC80B-3B01-45AB-BD07-89657A6A4023.jpeg

まいにちょこちょこ布を動かせば、布も空間も変化して展示会の辿った時間が見えます。あと2日、明日24日(日)までです。皆さま、毎日の小さな変化をたんと味わって下さいね。